読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

院生日誌

記録です

2016/05/02~05/15

結局日記の更新を先週はさぼった。

先週のゼミの発表の準備が大変忙しかったからである。


前にも書いた通り、Stringゼミは某講義ノートを読んでいるわけだが、ポルチンスキの抜粋になっているわけで(そもそも教授が講義することためにつくられているわけなのだから)ノートだけで内容が完結するわけない。

発表に際して他の文献やら論文を参照する作業は、勉強にはなったが「分からない」という圧倒的な感情に支配されてしまいとてもつらい日々だった。

 

大学院に入ってから一気に触れるべき増えた。

名前だけ知っている、分かったつもりになった知識も増えた。

本腰を入れて勉強をしなければならないとは思ってはいるものの中々そうはいかない。

 

 

これは大学に入ってから感じ続けていることだが、大学に入ってから頭を使うのがダメになってしまったように思う。

大学に入って自分よりも優秀な人に囲まれただから、とか受験前に比べて勉強する量が減ったからだととか理由づけするよりも、たぶん自分はそもそもそんなに頭を使っていなかったんだろう。

なんてことない計算式のひとつのイコールの間を埋めるだけで数時間が溶ける。途方もなく自分のバカさ加減に絶望したりする。それでもうんうんうなってコロッと計算できたりするとちょっぴりうれしい。

そういう日々が続くと気分は低空飛行なわけで適度に息抜きをしよう、ということで御殿下にようやく通うことにした。週に数回体を動かした方が健康にいい。なによりこの腰痛と肩こりも少しはましになるだろうと期待しつつ。

なんだかネガティブな内容になってしまったけれど、かたつむりはかたつむりらしく自分のペースでやっていくしかないのだ。

ほんとはこの二週間いろんなことがあったのだけど頭の中から吹き飛んでしまった。

 

2016/04/25~05/01

 

世間ではGW真っ盛りであり、やれ10連休やらいつも通り出勤だの騒いでいる社会人が周りに増えてきて自分の年齢が上がってきているのを感じるこの頃である。

大学院生にとって休みだろうが休みじゃなかろうがあんまり関係ないのだが、こういう考えも大学院生の不規則な生活につながると思うので、自分は平日に頑張って休日・祝日はしっかり休むように心がけている。

というわけでGWはしっかり休養を取るというか遊ぶ予定を入れた。

 

さてさて先日は新緑の綺麗な新宿御苑を散歩してきた。

御苑は学部生の頃からよく通っていた。バイト先が新宿なのでバイトの前に立ち寄り日向でぼーっとしながらうたたねをするのはとても気持ちよくいいリフレッシュになった。某アニメの影響で通い始めたことを告白せざるをえないのはオタクの悲しさであるが。

平日の昼間などにいくと仕事をさぼっているサラリーマン風情のおじさんや、散歩しにきた近所のおばさん、休講を利用して訪れた大学生カップルなどがちらほらいる程度なのだがGWの御苑は凄まじかった。通常の10倍はあるであろう人の列が券売機に並んでおりまず入る前から大変驚いた。

とても暑く日差しが強い日だったので日陰ではいたるところにレジャーシートが敷かれてカップルや家族連れなどが思い思いの時間を楽しんでいた。

いつもと違う景色というと、外国人観光客(欧米人)が目についたことである。あちらの街にあるような公園はなかなか日本にはないので、イギリス式庭園やフランス式庭園がある御苑は原風景を思い出させてくれるのだろうか。白人の家族連れが戯れている様子は大変画になるものだ。

 

御苑の散策を終えた後、新宿に新しくできたビアバー(Y.Y.Gbrewery)へお邪魔してきた。代ゼミ本部校の近く、カフェヒューガルデンの先のビルの合間に突如として現れたテラスは中々洒落ている。一杯800円でオリジナルビールが5種類。あまり宣伝していないようで、立地も良くはないのだが醸造所つきのビアバーは日本では珍しいから、頑張ってほしい。バイト前後でまたお邪魔したい。

 頼んだのは新宿IPA。歩いて疲れた体にはぴったりの苦みである。

 

 

 

2016/04/18~04/24

勉強等

Stringゼミはlecture1を読んだ。トーラス上のCFTで分配関数を求めるみたいな話。経路積分定式化の際、(x,y)座標から(z,z/bar)座標に移り変わるときの積分測度の変化がノートの表式と-i倍ずれてなぜだ?と議論になったが、その場ではよく解決せず。教授は「経路積分測度なんか規格化で変わるからそこまで厳密に考えなくても(意訳)」みたいなことを言っていた。

ちょっと疑問だったので調べてみたのだが、ヤコビアン積分測度の変化を勘定するのではなく、不変体積要素で考えて(z,z\bar)座標での計量を真面目に考えるとどうやらあうらしい。だけど結局ヤコビアンで考えるとダメな理由がよくわからん。

 

CFTゼミは一章のWard高橋恒等式まで。

久後ゼミは5.4のBRS対称性のところまで。ゲージ場の量子化の際の拘束条件のポアソン括弧の計算でひたすらつまった。計算できそうにないのでできた人は来週ということに。

 

 

今週は特におでかけしたりする用事もなかったし、ゼミの準備が忙しいのでこの辺で。

2016/04/11~04/17

 

ゼミなど 

 

4月第二週。大学院の履修登録があったり、ゼミが決まったりと今学期の生活リズムに目途がたった一週間だった。

 

ゼミに関しては、教員についてもらうゼミが二つ(弦理論と場の量子論)と自主ゼミが一つ(共形場理論)である。

弦理論でゼミ、といえば真っ先にPolchinskiであるけれど教員から長くてゼミでやるとキリがない等の主張があり、代わりにおすすめされた台湾大の細道さんという方の講義ノート(http://web.phys.ntu.edu.tw/hosomiti/course-string15.html)を読むことになった。

手書きであるけれども、概念から丁寧に説明しているように思われる。

場の量子論のゼミは、本郷の素粒子理論の人たちに混ぜてもらうことにした。読むのは久後の5章から。

共形場理論は、江口・菅原を素粒子理論と物性理論の同期と3人で読む。

正直こうやるゼミを書き並べてみると結構ハードな生活を送ることになりそうである。

まぁ自由時間が増えるわけだから、その分負荷を増やしてもいいだろうということにする。

 

お散歩

さて、水曜日は三田~麻布~広尾~渋谷を散歩した。

 

三田駅から東京タワーに向かって歩き、つつとてもいい坂があったので左折。坂を上り切ってみると、標識があり網の手引き坂というらしい。坂の上の道を進むと、なにやら豪華な会員制クラブやらオーストラリア大使館が続く。

オーストラリア大使館は全面金属質の無機的な建物で威圧感が半端ではなかった。

 

さらに進む。この辺は本当に坂が多くて、探検しがいがある。今度は下り坂になるところでお寺らしきものを発見するが、屋根が瓦ではなく、武骨な恰好なお寺を発見する。港区という土地柄に即した形なのかもしれない。(大分古臭かったけれど)

 

 

そのまま直進をし続けるとやがてかの有名な進学校麻布中高が見えてくる。その先の曲がり角を左に下ると有栖川記念公園。都会に中にあって自然が豊かで天気が良ければとても気持ちいいのだろう。(あいにくの曇り空だった)

公園の中を歩いていると、近くの某女子大の一年生と思われる集団がシャボン玉で遊んでいて微笑ましかった。などと書くと年寄臭いな。

 

広尾のカフェで休憩しつつWess&Baggerを読むがちっとも頭に入らない。別のレビューを読んだ方がいいのかもしれない。。。

 

たっぷり休憩して後はそのまま恵比寿の方までずんずん進み明治通りに出たら渋谷まで一直線。結構疲れた一日だった。

 

おしまい。

 

 

 

2016/04/04~04/10

またしても

この春から晴れて大学院生になった。

何度かブログのようなものをやってきたが、結局は途中で書くのをやめてしまった。

 

新しい年度を迎えると、人というのは新しいことだけでなく昔やっていたがやめてしまったことに何故かトライしようという気持ちがわいてくるものである。

というわけで御多分に漏れずまたブログを開設してしまった。

 

院生になると、論文を書くことになるわけで学部生の時と比べれば明らかに文章を書く量が増えることになる。

自分は昔から余り文章を書くのは得意ではなかったので、リハビリ・トレーニングも兼ねて書くことに触れていければと思っている次第だ。

 

とはいっても何を書くか?ということが議題に上がる。

いきなり映画や本のレビュー、社会問題や日本の教育問題、物理学の専門的な話等を書こうとしてもすぐに面倒になって更新しなくなるが落ちである。

 

ひとまずは週に一回を目途に日記という体裁で自己を見つめなおす機会を作りたいと思う。

 

というわけで

とりあえず先週あったことをまとめて日誌にする。

 

大学院の授業が火曜日から始まったわけだけど、案の定授業には出なかった。修士では10単位授業(座学)を取らなくてはいけないがまともに興味があるやつがほとんどないのが問題である。

自分の専攻は確かに需要はないかもしれないが、もう少しアドバンスドでformalな内容の講義があってもいいのではないかと思う。それか必要な単位数をもうちょっと減らしてもいいのではないか…

 

木曜日は同じ理論グループ(本郷)でM1ゼミの詳細を決めた。本当の所属は柏なので実際には違うのだが、テーマによっては混ぜてもらおうと思い結局参加することにした。さっそく来週(今週)から発表なので準備をしなければならない。

 

金曜日には渋谷でラクレットを食べ、ビールを飲んだ。困ったことに写真を一枚も撮らなかった。文章だけでは味気ないしこれからは料理やお酒の写真も撮ろうと思った。

 

週末は久しぶりに実家に帰ってゆっくり休んだ。実家に来るとどうしてもたるんでしまって勉強が進まないことだけが懸念点である。